富国生命、AI導入で査定関連部署の人員の約3割にあたる34人を削減

1保険見直す名無しさん:ID:CAP_USER9.net
富国生命はAI(人工知能)を使った業務の改善で、医療保険などの給付金を査定する部署の人員を3割近く削減します。

富国生命は来年1月から、日本IBM製の人工知能「ワトソン」を査定業務に導入します。医師の診断書などから病歴や入院期間、手術名などの情報をAIが自動的に読み取り、給付額の算出などを人に代わって行います。

作業の迅速化と給付漏れなどの防止が最大の目的ですが、AIで事務作業を効率化できることから、富国生命では去年3月末時点で査定関連部署に所属していた131人のうち約3割にあたる34人を削減する予定です。

保険業界では大手を中心にワトソンの活用が広がっていますが、AI活用による具体的な人員削減計画が明らかになるのは珍しいことです。

(2016/12/30 10:31)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000091183.html
4保険見直す名無しさん:ID:3MeqGlZ90.net
経営判断に関与しない事務屋からAIによって失職していく
5保険見直す名無しさん:ID:kfp8ha5J0.net
大丈夫かいな
7保険見直す名無しさん:ID:YLGwUteI0.net
ワトソン、すでにそんなことまで出来るのか…
続きを読む

地震保険、来年1月から平均5.1%値上げ。損保各社

1保険見直す名無しさん:ID:CAP_USER9.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000064-jij-bus_all

損害保険各社は、家庭向けの地震保険料を来年1月1日から全国平均で5.1%引き上げる。政府の地震予測で首都圏直下地震の発生リスクなどが引き上げられたためで、平均15.5%の大幅値上げを実施した前回2014年7月以来、2年半ぶりとなる。

損保各社は、21年ごろまでに計19%の値上げを計画。前回から2年半しかたっていないため、今回のほか19年、21年ごろをめどに3段階で値上げを実施していく。地震保険は地震や津波、火山の噴火による住宅や家財の被害を補償するもので、都道府県ごとに保険料が異なり、火災保険と併せて加入する必要がある。

来年1月の改定を受け、鉄筋コンクリートなど耐火構造の建物の保険料は、36都県で引き上げられる。値上げ率が最も高いのは14.7%の埼玉県。現在1万3600円の保険料(保険金額1000万円の場合)は1万5600円と2000円上がる。一方、住宅の耐震性の向上や地盤データの見直しで北海道、愛知、大阪など11道府県では、2.9~15.3%の値下げとなる。

地震保険の契約件数は9月末で1736万件。1995年の阪神・淡路大震災を契機に着実に増加しているが、世帯加入率は全体の3割程度にとどまる。日本損害保険協会の北沢利文会長は「お客さんが感じる地震リスクに対し、保険料が高いと思われている」と話し、必要性を訴え続けることが重要だと指摘している。
5保険見直す名無しさん:ID:YdEJpFlX0.net
もうギャンブルだな、これは。
7保険見直す名無しさん:ID:+El72Enn0.net
高くしても入る人は入るよ
16保険見直す名無しさん:ID:27ZC5s310.net
これは、くるな。
水でも買っておくか
続きを読む

【新保険】 プロ選手の故障時、チームに年俸補償!日本初の保険を年内にも発売

1保険見直す名無しさん:ID:CAP_USER9.net
東京海上日動火災保険は、プロスポーツチームの選手がけがなどで出場できなくなった際に、
チームに対し、支払った年俸などを補償する日本初の保険を年内にも発売する。

補償の対象は、来年2月以降に発生したチームの「損害」が対象になる。

野球やサッカーなどのプロスポーツチームは、選手に高額な年俸を支払っている。

選手がけがなどで試合に出場できなくなっても、契約期間中は年俸の支払いを続けることが多い上、戦力維持のため、代わりの選手の獲得が必要になることもある。年俸が高額な外国人選手を招くなど、財政的に厳しいチームにとっては負担が大きかった。

新しい保険では、契約する選手がけがや病気、不慮の事故で試合に出場できなくなった場合、残りの契約期間分の年俸を日割りでチームに支払う。また、選手が6か月以上出場できない場合は、代替選手の年俸などの費用も補償する。

読売新聞 12/25(日) 8:53配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00050019-yom-bus_all
3保険見直す名無しさん:ID:fWb44HhVO.net
掛け金が5億とかやろ。
5保険見直す名無しさん:ID:5j1l+T9y0.net
今までなかったことが不思議だよ
続きを読む

バフェット系保険、日本上陸 地震保険拡大にらむ

1保険見直す名無しさん:ID:CAP_USER.net
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC20H0B_U6A221C1NN1000/

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ傘下の保険会社が日本進出を検討していることが24日までにわかった。日本の損害保険会社から地震保険の契約を買い受ける再保険事業を計画。日本では企業がまだ地震保険にあまり加入しておらず、市場拡大の余地が大きいと判断した。

傘下の「バークシャー・ハザウェイ・スペシャルティ保険」でアジア地域を統括するマーク・ブロイ氏が日本経済新聞の取材…
バークシャー・ハサウェイ(英語: Berkshire Hathaway Inc.)は、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハに本社を置く世界最大の持株会社である。世界でも五指に入る資産家であり、「オマハの賢人」と称される著名投資家のウォーレン・バフェットが会長兼CEOを、彼の長年のパートナーであり元弁護士のチャーリー・マンガーが副会長を務め、それぞれ経営に携わっていることで知られる。バークシャー・ハサウェイには2016年現在7名の取締役及び役員がおり、子会社を通じて様々な事業を展開している企業であるが、実質的には会長兼CEOで筆頭株主でもあるウォーレン・バフェットと、副会長のチャーリー・マンガーの2人が運営する株式会社の形態をとった投資ファンドとも言われている[4][5]。
バークシャー・ハサウェイの年次報告書には株価指数S&P 500とバークシャー・ハサウェイの株価を比較する統計が載っている。バフェットが1965年にバークシャー・ハサウェイの経営権を握ってから2014年現在までの約49年間に、S&P 500の上昇率が約11,200%(112倍)だったのに対し、バークシャー・ハサウェイの株価は約183万%(18300倍)という桁外れの上昇をみせた[6]。これは複利計算で年率で約22.2%の増加が49年間連続して続いているのと同じ上昇率である[7]。傘下の保険部門は世界最大の再保険会社などがあり、同時に多岐な事業分野にわたる子会社や完全子会社を擁している。コカ・コーラの株式の9.16%、アメリカン・エキスプレスの株式の16.22%、ウェルズ・ファーゴの株式の9.01%を保有するなど、多くの大企業の大株主である。

3保険見直す名無しさん:ID:mlyxe11r.net
広範囲の地震が起きたら払いきれるのか?
4保険見直す名無しさん:ID:Hb9422nD.net
>>3
そんときゃ政府の補助金に頼る気だろw
続きを読む

保険入ってないのに事故った

1保険見直す名無しさんID:CRFM39nG.net
しかもタクシー
俺金ないしマジでオワタ
2保険見直す名無しさん:ID:6RGtNLKY.net
タクシーの運転手はごねるでぇー覚悟しとけよー
3保険見直す名無しさん:ID:Zn/OS6hr.net
自賠責には入ってるよな?
4保険見直す名無しさんID:CRFM39nG.net
ふっかけられたらどうしよう
ふっかけられなくてもヤバいけど

>>3
自賠責はもちろん入ってる
幸い乗ってた人には怪我一切ない…はず
5保険見直す名無しさん:ID:6RGtNLKY.net
>>4
相手は個人タクシー?それともタクシー会社?
11保険見直す名無しさんID:CRFM39nG.net
>>5
黄色と緑のよくあるタクシーだったけど、個人かどうかってどうやって判断するの?無知ですまん…
続きを読む

スポンサーリンク



ブログパーツ